先日スーパーで見つけました。


      





キャラメルと言えば まずは、黄色い箱に入ったキャラメルを思い浮かべます。

珍しくその黄色のキャラメルを見つけて懐かしい~と思ったのですが



あずきキャラメル    あずき色の箱に目が釘付けに。




視線を横に動かすと今度は 緑色の箱が


あずきだ~ 抹茶だ~ と騒ぐ私の横で

夫が買おう~ と言うので即座にスーパーのカゴに投入してしまいました



お味の方は、

私は  あずき は、和菓子を食べているみたい と思ったのですが

娘は あずきを食べたほうが良い   夫は それほどでも・・・。

と、私ほど好評では有りませんでした


抹茶は、ただ今お味見中

抹茶アイス風なお味です。


娘と夫はただいま留守なので不明です。




興味をお持ちになられたお方はお試しくださいませ

ちなみに、森永さんの回し者ではございません。








昨日今日と娘が帰って来て父の見舞いに行ってくれています。

なので私はお見舞いをお休みさせて貰っています。


先週の父は、除細動をしたりとかなり緊迫した状態にもなり

病院からすぐに来て下さいと電話が入った時はとても心配しましたが

今週は少しずつ良くなっていて 少しですが口から食物もとれる様になって来ました。

ここ数日、ちょっとホッとしています。

スポンサーサイト

昨日、父が入院しました。


先週は腎臓の内科で診て頂いたのですが

昨日は心臓の方の循環器内科でした。

腎臓内科の先生から 以前見て貰った循環器内科の先生に診て頂くように指示が有り

予約も入れて頂いたのですが 9時前に病院到着後 事前の検査も済ませ

かなり待ちくたびれた12時半を回ってやっと見て頂き

即入院しましょう と言う事になりました。



それからまた病室に入るまでに手続きやら病室の準備やら

私と母には、これからの治療についての説明なども有り

父が病室のベットに落ち着いたのは3時半でした。


すぐに病室に入れそうなお話でしたので昼食も摂れず

もちろん病棟の昼食も3時半には食べられるはずもなく

看護士さんに食べられるコンビニのおにぎりの種類を伺い

お赤飯のおにぎり とペットボトルのお茶 で遅~い昼食となりました。
(父はベットで 私と母は病棟の談話室の片隅で)



肺や体に溜まった水を抜く為の治療がすぐに始まりました。

尿もどのくらい出ているか計る為に管を通したので 

尿が管から漏れても大丈夫なようにオムツをつける事となりました。

オムツをはかされた父を見た時はちょっとショックでした。

かわいそうですが看護して頂く為にはやむを得ない事と自分に言い聞かせました。

父は尿を取るための管の違和感の方に気が行っている様子でしたが

おむつに関してどう思っているのかは分かりませんでした。


急な入院でしたが タオルやパジャマは病院で決まったものが有るそうなので

着替えなども取りに戻る事も無くその点は助かりました。

コンビニ(所謂売店の代わりにコンビニが入っていました)で洗面セットやティッシュなど

買い揃えて私は一足先に帰って来ました。


その後、じきに夕食になり食べる段になったら 急に父の様子が悪くなり

モニターを付けていたので母が変だと感じると同時くらいに

医師や看護師さんが大勢駆けつけて下さったそうです。

すぐに症状が安定したそうですが 夕食は無しになったそうです。

急の入院は 本人にはすごく負担になる事なのだと思いました。



明日は、娘も見舞いに来るので 少しは父の笑顔が見られるかと思います。

順調に回復すれば2~3週間で退院だそうですが

何分83歳の高齢なのでスムーズにいくのか疑問では有りますが

早く笑顔で帰宅した父の顔を見たいと思います。

先程、市のネームの入ったジャケットをお召の方が

介護認定の訪問調査にいらっしゃいました。


先週、母が区役所に介護認定の申請をして 

すぐに調査に来てくれてその速さに驚きました。


申請から認定結果が分かるまで1ヶ月と聞いていますが成程早い調査です。




父は自分の事は自分でまだ出来るので 要支援かと思い 伺った所

要支援と要介護の微妙な位置に有るようです。


今は 病院に通院以外自宅に座ったきりの父なので

ケアセンターなどに通う事によって心身ともに刺激が得られればと思っています。

そうする事で 認知症の症状が進むのがいくらかでもゆっくりになってくれたら良いのですが。


父本人がそういう所へ行くことを望まなかったら意味は有りませんが・・・。






父に関する事でもう1つ。



先週末外出時にバスの中で お年寄りが確定申告の事を話していました。

そうだ!父はどうしているのかしら と思い

母に聞いたら やはりまだ何もしていなませんでした。

父に聞いてみると 分からないね~ と。


両親の医療控除の書類をすでに夫に作成して貰ってたので

確定申告も丸投げするには気が引け

昨年の書類の控えを見ながら資料を探したり

税務署に電話して聞いてみたりしました。

その時、国税庁のHPで確定申告の書類を作れるといわれて 意を決して作ってみました

出来たつもりですが 果たしてこれで良いのかは全く不明


何の事は無い。結局夫の手を煩わせて合っているのか見て貰いました。

夫も確実には分からないそう。 


で・・・、 夫は、我家の医療控除を e-Tax で申請するつもりでしたが

PCが新しくなったら今年は出来なかったと

それで、我家のも一緒に数駅離れた駅の駅ビルで 出張申告相談が行われるので

夫が半日休みを取って行ってくれる事に・・・



今年見て貰えば 来年からは自力で確定申告できるはず。はずであって欲しい~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。