父が先週亡くなりました。

亡くなる前日のお昼ごろから 呼吸が弱くなったと病院から連絡が有り

急いで母と病院に駆けつけました。

その後持ち直したので ホッとしていたのですが 

医師からの説明には予断の許さないものがありました。


これからの治療の方針を改めて考え直したり 父の最後をどうしたらよいのか と

難しい選択に 母と二人苦しい思いをしました。


翌日も朝から病院から呼び出しがかかりました。

私が病院に着いた時には 呼吸も安定していたので 

病院から出ていろいろ用事を済ませたり 家に戻ることも出来ました。


昼頃、娘が夜勤の前に顔を出して呼びかけましたが

いつもなら大そうにこにこ顔で反応するのですが この時は全く反応が有りませんでした。


昨日までは反応があったのに この日は誰が呼びかけても全く反応が有りませんでした。



昼食を娘と二人で食べた時に 父の病名や様子からか

娘から  今日か明日  だと言われて ずしりと心に・・・。 でも、他人の事としたかったです。


娘が職場に出かけた後 看護師さんからの提案で

母と私と息子で 父の顔と手を綺麗にしました。

母と私は顔を蒸しタオルで拭き、息子は両手を洗ってあげました。 

息子はヘルパー2級の講習で勉強した 手を洗ってあげる講習が役に立ったようです。

この後、安定した呼吸をしていたので きっと気持ち良かったのだと思いたいです。


夕方心配ながらも安定してたので三人で帰宅し 

夕飯を食べ終わった頃 病院から来るように電話が入りました。

一足先に行った母が着いた時にはもう亡くなっていました。

私は病室に入った時は母がベットサイドに座っていたのでそうとは分からなかったのですが

母の言葉で・・・。



娘と夫がすぐに駆けつけました。

娘は病院の看護師さんと一緒に父を綺麗にしてくれました。

二人の孫にこの日はさっぱりとさせてもらって父もきっと喜んでいるはずです。





葬儀までめまぐるしい日々でした。

悲しい、寂しい思いはきっとまだこれからどしりと来るのかもしれません。


でも、しばらく前に父ともうすぐお別れする時が来ると感じた事があって

後悔の無い様にしたいと思っていたので そう過ごす事が出来た様に思います。


あれもこれもこうしたらと思ったらきりのないことですし・・・。




苦しい事が無くなって きっと今は苦痛の無い時をおくってくれていると思っています。




お父さん ありがとう。

 

 
スポンサーサイト

買い物へ行ってあれこれ買い最後に牛乳を買おうと・・・、

日付の新しい物をと手を奥に伸ばそうとしたとたん

右の腰が悲鳴を

グキッっと言う感じの僅か一歩手前で踏み留まりました。

しかし、腰はちゃんと元に伸ばせない感じで息子に迎えに来てと電話しようか迷いながら

何とか我が家に辿り着きました。

家に着いたら息子は電話中 かけなくて良かった。

お話し中の音を聞いたらもっと痛く感じた事かと。


腰痛に良いというむ〇つ布団を一月から使い始めたのに

あんまり効果ないのかも、なんて思ってしまいました。

って言うか、布団の上げ下ろしが腰に悪い感じがします。

ベットを置けるスペースのお部屋が欲しい 夫よ宜しく





父は心配した肺炎ではなくちょっとだけホッとしました。

でも、嚥下力が落ちてしまい鼻から胃へ食物等を入れる管を新たに入れました。

ジワリジワリと管が増えている感じで なかなか喜ぶ事が出来ません。

転院も来週に延期されましたが 果してこんな状態で転院など出来るのでしょうか?



転院には民間の救急車を頼む事になるそうです。

機材も父に合わせていろいろ積み込む物も有りそうで

看護師さんに同乗して貰うとさらに料金が嵩むのだとか。

もし娘の休みとうまく重なったら娘が乗ってくれると言っています




ペースメーカを入れる手術をした後も 再び今の病院に戻り その後

家に帰れる為のリハビリ病院へ行ってリハビリしてから我が家に帰る事になるのだそう。



父が我が家に帰ってくる日はまだまだ遠そうです。

父の担当の医師との面談が有りました。


面談の時は、母一人でなくご家族の方も一緒ににという但し書き?がいつも一緒です。


ソーシャルワーカーさんとの面談も予定されていたので

福祉を勉強中の息子がぜひ同席したいと言うので今日は三人で行ってきました。




10日程前の面談の時に言われていたのですが 

来週中にもペースメーカーを埋め込む手術を 

現在入院中の病院の本院に転院してする事が決まりました。



ソーシャルワーカーさんとの面談は アポを取ってからでしたが

話がこちらにちゃんと伝わってなかった(母が勘違いした?)のですが

急遽面談させて頂ける事となりました。(おばさんの図々しさ発揮しちゃいました



すっかり看護師の孫がいるという事が看護師さんから医師にも伝わっているようで 

ソーシャルワーカーさんにも 息子は看護師のお孫さんですかと聞かれました



ソーシャルワーカーさんとのお話は

ペースメーカーを埋め込んだ後の退院から帰宅に向けてのリハビリ病院やら準備やらのお話で

まだそんな希望を頂いてよいのかしらという 大変ですが希望を持てるお話でした。



ところが、病室にいる父を見たとたん そんな思いも砕けるような様子です。

意識も低下しているようで 肩を叩いて大きな声で呼んでも話ができません。

微熱もあるようで 看護師さんも明らかに昨日までの日中の様子と違うので驚かれていました。


担当の医師の話では どうやら誤嚥から肺炎を起こしている可能性があるということです。

老人の肺炎は命にかかわることもあるのでかなり心配です。

心臓もかなり弱っているので 高熱などで出ないでくれると良いのですが・・・。


まずは、ペースメーカーを埋め込む手術をする為に転院出来るようになって欲しいと思います。

24日に壊れたPC, 26日にメーカーから引き取りに来て

3月1日に修理されて戻ってきました。

修理窓口に連絡してから5日で戻って来るとは。 速さに驚きました。


やはりデータは元に戻らず きれいさっぱり無くなっておりました。


以前のPCのデータをコピーしたりして何とかおおよそのデータは戻しましたが

肝心の家計簿は 今年の分はすっかり無くなってしまいました。


兎にも角にも 残念で仕方ありません。



去年の12月のPCの引っ越しの時のUSBメモリーのデータを期待していたのですが

夫が消してしまっていたのは かなりショックでした。


夫はUSBメモリーを買う時、私用と言っていたのに 

やはり私の手にないと私のではありません。


できれば近いうちに 私用のUSBメモリーをゲットしたいと思います。



今回も初めてPCを動かす時のマニュアルを紛失していて

戻ってきてもPCを動かす事ができず メーカーに電話で教えて貰ったり

息子にもいろいろ助けてもらい 正常な状態になったのは昨夜11時頃

私は、今日やっと動かすことができました。 ヤレヤレ。。。。。。



再び変なことにならないうちに バックアップとっておきたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。