昨日、父や母がお世話になった大きな病院へ行って参りました。


当地へ引っ越して来て最初にこの病院へ行ったのは この私でしたが

1年位で専門病院での勤務経験もある開業医を紹介されて

それ以来もう5年以上?もかかっていませんでした。



紹介状は有りましたが予約は取ってなかったのですが

1時間位で診て頂く事が出来ました。


部長先生だそうで どんなお爺さんかと思ったら 50歳代前半位の先生でした。



緊張性頭痛 と仰いました。

診察の後 首の状態を詳しく診たいということで 首のX線を4枚?だったか撮りました。


来月、頭部のCTを撮り  下旬に結果を踏まえた診察があります。



耳の痛みは 耳鼻科でと仰るので 耳鼻科では神経痛と言われたので

こちらで診て頂きたいと申し上げたのですが 医師は無言でした。



首や肩の凝りから耳の痛みが来ている気もするので 

この痛みが和らいだら 耳の痛みも改善するのではと期待しています。



最近では 鎮痛剤を飲むのを我慢できる範囲の痛みなので

夏の時よりはだいぶ良いのかもしれませんが

この痛みから早く解放されたいと思っています。


いつになるのでしょう。

でも、何とか明るい気持ちで毎日を過ごせるように 

自分の心を持って行きたいと思うようになってきたのは

ちょっと前進したかも です。


戴きましたが・・・

トレーニング備忘録 その2

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。