新し物好きの私。

水も時間も節約できると言う 衣料用洗剤 を買って来ました。



何度か使ってみました。


まず、我家の全自動洗濯機

      S製全自動洗濯乾燥機

水の使用量が少ない。 7キロでも 4.4L で洗えます。

すすぎも 1度は おふろの残り湯を使えます。


この洗濯機に変えてから 水道料金が目に見えて減りました。

因みに、食器洗浄機を買っても水道料金減りませんでした。


今は大人3人なので 多くても 40Lも使いません。 3~3.6L が日常的。


で、まず問題なのは、30Lの目盛りが 時短洗剤のキャップに無い。

なので、測る時は目分量で曖昧。と言うか 測りにくい


私は 酸素系漂白剤 を必ず入れたいので・・・

時短洗剤 酸素系漂白剤  を洗濯槽に投入し 柔軟剤投入口に 柔軟剤 を。

3度手間


初めてこの洗剤を使った時は さぞ汚れが落ちるのではと期待をしたのですが

その期待は まるっと 通り過ぎて行きました。。。。。。。。。。。。。

今までの洗剤と変わらない。

タオルに最近落ちにくい汚れが付いているのが気になっていたので

その汚れが落ちるのを とっても期待したのに 変わらない。


で、しょうがない。

粉せっけんの みずばしょう と言うのを汚れにしっかと付けて揉み込み

いつも通りにいつもの洗剤で洗ったら かなり綺麗に落ちました。

やっぱり洗剤に頼るより 自力だわ。って、やっぱり洗剤に頼ってる(爆)

粉せっけんは強力です


私的結論。

いつもの洗剤で洗う方が いろいろ手間が無くまあまあ満足できる洗濯が出来る。

どうせ残り湯を使うのだから これ以上水の量をわざわざ減らさなくても良い気がします。


因みに我家の洗剤は

      使用洗剤


右の2剤で普通の洗濯は大丈夫。



襟や袖口 靴下のひどい汚れは 青ざらし を擦りつけます。

それ以外の酷い汚れは みずばしょう に頼る方がよく落ちるし。

青ざらし 優れ物です。 すぐになら 墨汁も殆んど落ちました。





ドラム式洗濯機 についてちょっと調べてみました。

洗濯機を買い替える時に ドラム式を考えたのですが

屈まないと洗濯ものを出し入れ出来ないのが 腰痛持ちには難点。

しかも大きくて圧迫感が有る気がしました。

今の洗濯機は 洗濯槽の側面に穴が無く カビの生える場所も少なく出来て

衛生的で水の使用量も少ないと考えたのが 選択した理由です。



今のドラム式も 水道の使用量も変わっていない様で

乾燥にも水を使うそうなので 

使用料が決して全自動式より少ないとは言えない様です。


新しいとか 良さそう と飛びつかなくて良かったと思います。

まぁ、洗剤は飛びついたけど。。。。。。。。

まぁ、もう二度と時短洗剤は買わないと思います。 



電気メーカーや洗剤メーカーを非難する気もまわし者でも有りませんので 悪しからず。

単なる私の使用した感想です。



注目してるよ~♪

恒例 人間ドック

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。